坂口恭平

1978年熊本県生まれ。早稲田大学理工学部建築学科卒業後、

「建てない」建築家として活動を開始。2004年、路上生活者の家の写真集「0円ハウス」を出版する。

2011年5月、一人で勝手に新政府を樹立し、初代内閣総理大臣に就任し、「独立国家のつくりかた」(講談社現代新書)を出版する。躁鬱病患者でもあり、その様子を描いた「坂口恭平躁鬱日記」など著作多数。