黄ニラ&パクチー部会

「黄ニラがやってきます!!」

 

うまい!黄ニラ・パクチー料理を試食提供いたします!!

*先着200名様までです。お早目に!!

 

<試食メニュー>

黄ニラだんご、黄ニラのおひたし、

パクチーサラダ

<黄ニラとは>

青い普通のニラを育てて一度刈取り、次に生えてくるものをビニール等で被覆し、日光を遮り、葉緑素の発生を抑えることで、黄色のニラが育ちます。

 

<岡山県での黄ニラ栽培>

岡山県では明治初期から栽培が始まり、今では全国の約7割の生産量を誇る産地です。

 

<黄ニラの特徴>

黄にらの特徴は、幸運を呼ぶと言われている鮮やかな黄色、青ニラほどくせがなく甘くて上品な香り、日に当てずに作ったからこその柔らかい食感とそれでいてシャキシャキとした歯ごたえが特徴です。中華料理での使用が中心ですが、鍋や、お浸し、味噌汁の薬味等さまざまな料理で楽しめます。

 

【パクチー紹介】

<岡山県でパクチー??>

 

パクチー(香菜)はタイ、中国、ベトナムなど東南アジアの料理でよく用いられます。

 

そのパクチーを岡山県でも栽培するきっかけになったのは、元々、黄ニラを栽培していた生産者が東京の市場から栽培を進められたのがきっかけです。

生産者もパクチーが、黄ニラと同じ設備で生産できること、黄ニラ畑の連作障害の防止にもなると考え、試験栽培に取り組んだのが始まりです。

 

しかし、パクチー独特のクセのある風味は、日本人になじみにくいため、日本人でも食べやすく、おいしいパクチーを栽培したい!と試験栽培を行った。

いくつもの品種の栽培にチャレンジし、また、栽培技方法を工夫した結果、香りが控えめで軟らかい日本人向きの品種を見つけ、市場からも高い評価を得た岡山パクチーがここに誕生しました。

今では生産者は10名を超え、出荷量は約20トンまでに増えてきています。

 

<岡パク>

 

岡山パクチーを親しみのあるものにと、2012年に岡山パクチーを略した岡パクというブランド名で、テレビやラジオ、SNSを通じた情報発信をスタート。

同時に岡山県内の生活者にも、パクチーのおいしさを知ってもらうために、市内店舗と協力しパクチー料理を。また地元の高校生と共にパクチー入りアイスクリーム「おかやま愛ス」などを開発しています。

これからもいろんな岡パク情報を発信していきますので、是非チェックしてみて下さい!!

 

ウェブサイト

http://www.kinirataishi.com/
http://ameblo.jp/kinirataishi/
https://www.facebook.com/Kinira